グロムをちょっとカスタマイズ

カスタマイズ第1弾です。

といっても、大きなカスタマイズはしませんです。実用的と思うヤツだけ。
その第1弾です。
・メットホルダー
・スクリーン追加
・ミラー交換
です。

スクリーンといっても、ほとんどメーター保護のような感じです。今後ドラレコも取り付けようと思っているので、風&雨&小石などの物理的攻撃からメーターとドラレコ(将来装備)をガードさせるためのもので、人用ではないです。

スクリーンはenduranceさんの「GROM グロム JC92 メーターバイザーセット(クリア)+取り付けキット」9900円。
ミラーは武川さんの「カーボニッシュポリゴンミラーセット(左右) M10×P1.25 逆ネジ」06-01-1137で2750円。

完成図

左下の矢印が透明なアクリル板のスクリーンで、右の矢印がミラー(欠けてますが)です。
では、そのカスタマイズです。(たいしたことは無い)

最初はメットホルダーの設置。といってもたいしたことないです。ワイヤーロックをハンドルに付けただけ(ハンドルバーロックを周回)。とりあえず廃品利用(しかも100円)です。ガチャガチャしないといいけどなぁ。メットのD冠が通ったのでこれでしばらく運用してみます。
メットホルダー

次はミラー。

変更前
変更前

根っこのカバーを引っ張り上げると、ナットがダブルで止まっています。上側は逆ネジ(時計回しで緩む)。下側は順ネジ(時計回しで閉まる)です。14号のスパナ2つで上を緩めて、ミラーが回転するようになったらグルグル回して取り外します。
で、武川さんのミラーを取り付けるのですが、付属のナットは17号スパナになります。そして、カバーゴムが通らない・・・
なので、既存品の逆ネジナットに取り替えて取り付けます。これなら14号ナットですので先ほどのスパナがそのまま使用できます。
これを左右で実施。ゴムカバーを戻して完成です。

グロムの純正ミラーは丸形で、ちょっと自分のカラダが映り込んで見づらいので、釣り目形状のミラー(新保安基準適合。どうも中心に一定範囲の真円が必要らしい)にして、端っこでもいいのでできるだけ後ろが見えるミラーにしてみました。(まだ変えてから乗ってないので効果は不明)

続いてスクリーンです。コチラはちょいと面倒。難しくはないです。面倒なだけ。といっても20分もあれば終わるでしょう。

まずは、ハンドルバーを固定してるボルトを緩めるところからスタートとなります。
そのボルトを外して、そこに製品に入っているボルトに置き換える形になります。
そのボルトは4本ありますが、一気に外すとハンドルバーの角度が変わってしまいます。ですので、角度を変えたくない場合は2本ずつ(2本セット)で交互に作業していくことになります。

最初にボルトを隠しているゴムを外します。が、小さいマイナスドライバーや穴開けなどで取ることになります。第1トラップです。

ココ

とりあえずこのゴムキャップは全部外してOKです。
続いて、左2本ボルトを外します。6mmの六角です。これはゴムキャップを開けてみないとわからないので工具が必要です。第2トラップです。そして堅い。まぁ当然。ちゃんとレンチ使って作業しましょう。

左の2本を取り外したら、製品に入っているボルトのスペーサみたいなヤツを入れます。既存のボルトより長くなり、そこにステー(鉄板)を挟み込む形になります。その延長というかボルト隠しというか、それです。それを入れます。で、左のステーをかぶせて付属のボルトで仮留め(軽く閉めるだけ。ゆるゆるではないです。ちょっとだけ締めます)。
いい感じ?となったら、もうちょっと強く締めておきます。これは、次に右のボルトを外すから。ハンドルバーが動くとヤなので。

右も同じ要領で作業します。こちらもちょいと強めの仮締め。

そしたらヘッドライト側に行って、アクリルの取り付けです。
ステーの穴にゴムナットを入れて(4カ所全部)、アクリル板を当ててワッシャーを入れたネジで仮留めします。4本ネジを入れてバランスを見ます。必要に応じてステーのボルト緩めての調整も必要かも。適当ならそれでOK。
まずはアクリル板のネジをしっかりとして(0.4N.m・・・ってどれくらい?)、その後ボルトを固定します。こっちは27N・mだそうな。ワカランよ。おそらく力一杯締めてOKかと(短めのスパナ)。
後日、ちゃんとトルクレンチで締めることにします(笑)

この作業、ちょっと力が必要なので注意しましょう。

全部で30分くらい(そんなにかからないはず)です。

まぁたいしたカスタムではないですが、そんなに大きく変える予定もないのでこんなもんでしょう。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?