室内換気が泣き出した その1

--- 記事投稿日基準で約2年前 ---

2018年秋。それは突然でした。

ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という高音が結構な音量(普通にリビングでテレビの音が聞こえにくくなるくらい)で鳴り始めました。
何? どこ?

答えは洗面所近辺。トイレからも結構聞こえます。
共通しているのは「換気扇」それを留めると音もピタッと止まります。
そして電源を入れると「ピーーーーーーーーーーーーーーーーーー」音がフェードイン!
我が家はマンション。風呂場の換気扇も同調して3in1の室内換気扇になっています。そして密閉性が高いので24時間運転させて湿気対策としています。それが・・・(台所の換気扇は、それの用途なので通常は停止してます)

新築で住み始めて約20年。まぁそうなか。そう思います。10年くらいかなと思っていたので、まぁね。納得です。
で、どうすればいいの?

とりあえず風呂やシャワーなど使用中と、その後数時間は音を我慢して使用。その後は停止。そんなことを数週間繰り返していましたが、音の頻度は高くなるばかり。そりゃそうでしょう。寿命なんでしょう。

そこで管理組合に「こうした工事は管理委託先の会社から斡旋とか無いの?」と聞いてみると、「まぁそういった交換も発生します」とのこと。でも特に管理会社として工事を請けたことはないらしいです。どうやらご近所さんの電気屋さんに頼むのが通常のことらしいです。そして問い合わせまでしてもらったところ、住んでいるマンションでも数件対応したことがある。ということでした。

で、その方法はというと換気扇本体付近の天井に穴を開けて本体(モーター部)を交換するというシンプルなもの。配管などはそのまま使用するようです。本体の場所などで価格は異なるので教えてはもらえませんが、5桁かどうかは微妙らしいです。

本体の交換は業者が良さそうですが、天井の穴開けを電気屋さんにお任せするのはどうなのかなー。と思って、自分で開けてもいいんじゃね?と思いまして。工賃、ある程度抑えられそうですよねー。と安直に考えてみました。

そんなこんなしていると、ふと気がつくとピー音はしなくなっていました。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?