車のバッテリー交換しました

先日、ぐっと冷え込んだときにエンジンの掛かりが悪かったので、バッテリーチェッカーを見たら5段階の3段階目の表示をしてました。2段階まで下がると「そろそろ交換」らしいです(PanasonicのCAOSというバッテリーで、専用のチェッカーがオプション)。

そろそろ2年。ということで、ちょっと早いけれども交換することにして、アマゾンさんで購入しました。N-80B24R/C7 です。約1万円。量販店やディーラーさんで購入すると2万円位するので、自分で交換するなら激安です。

作業には、スパナ(10号)・ビニールテープ・軍手が必要でしょうか。ビニールテープはなくてもOKですが、+極を絶縁したいので用意しました。あと、ナビの情報などが初期化されるのがいやな人はメモリーバックアップ用の電池ボックスを用意しましょう。

今回はメモリーバックアップを行いながら作業をします。手順はちょいと面倒ですが、ウィンドウ情報をはじめとして情報が保持できるので楽ちんです。

手順1:メモリーバックアップのマイナス側を、バッテリーのマイナスの端子に咬ませてビニールテープで外れないように巻く

手順2:メモリーバックアップのプラス側を、バッテリーのプラスの端子に咬ませてビニールテープで外れないように巻く。その後、電極が出ないようにビニールテープで絶縁する。コレをしないと、このプラス側の端子がボディに触れた途端に危険なこと(爆発したり)なりますので注意してください。私はぞうきんでくるみました(笑)

この手順1・2の時、既存のバッテリーチェッカーがあれば外しておきます。新しいバッテリーチェッカーは、まだ触りません。

手順3:バッテリー固定バーを外す

手順4:バッテリーを取り出す。

手順5:新しいバッテリーを置く。まだ端子の保護キャップは付けたまま。

手順6:バッテリー固定バーを取り付ける。

手順7:バッテリーのプラス端子の保護キャップを外し、バッテリーチェッカーのプラス端子をバッテリーにはめる。ネジ締めの際、新しいバッテリーチェッカーのプラスをここで一緒に取り付ける。終わったら、プラス端子の保護カバーをかぶせる。

手順8:バッテリーのマイナス端子の保護キャップを外し、バッテリーチェッカーのマイナス端子をバッテリーにはめる。ネジ締めの際、新しいバッテリーチェッカーのマイナスをここで一緒に取り付ける。

手順9:メモリバックアップの電池を抜く。その後、プラス端子から外す。

これで作業は終了です。
取り外したバッテリーは、購入業者に連絡して引き取りの話を付けます。法律で販売業者は回収に義務があるので断られることはありません。送付方法は業者の指示に従います(業者によっては着払い・発払い。宅配業者に指定などがあります)。

新しいバッテリーでエンジンをかけてみましょう。
今回は「多少へたった」程度なのでエンジンの掛かりに関しては大きな変化はありませんでしたが、多少力強くセルが回ったと思います。これであと2年は安心です。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?