スポットエアコンの考察

実家にてスポットエアコンがどの程度効果があるのかを検証。という記事を書きましたが、試験環境はこんな感じです。

試験環境

6畳和室に、排気ダクト・吸気ダクトの両方を設置しています(上のグレーが排気です)
検証結果としては、「何も変わらず」という超電気代の無駄。という落ちだったのですが、送風口は超涼しい風が出ています。なので、そういう意味で”スポット”というのは正しい。そして排気ダクトは結構な熱を持ちます。そして本体背面も。

排気ダクトが熱いのはまぁそうなのかな。と思わなくもないですが結構熱い。こんなに熱いの?って位です(イメージとしては100度のサウナに入った。とか、41度の湯船につかった。という感じの「ちょっと熱くね?」的な感じです)。 エアコンってすごいよね。
で、そこまで排熱してるのになぜ本体背面も熱いの?ということで背面を分解してみました。といっても、ネジ外して裏蓋をバコッと剥がすだけです。

中身

開けてわかること。まず写真的に右が排気ダクトになります。本体下部を見るとファンがついており、排気ダクトへ風を押し出しているようです。なるほど。筒がちゃんとなっているのではなく空気の流れだけで排気ダクトへ空気を押し出しているようです。ま、漏れるんですね。周りに。それが本体背面の熱となってこもると。

一方の左側の吸気。単純に外気を吸い込むだけのようです。吸い込みのファンもない。排気の押し出しによる陰圧で吸い込まれるのに任せている仕組みですね。って、それだと排熱を吸い込むじゃないですか。そりゃぁなかなかできないわけですよ。かといってここに吸気用のファンを取り付けてもね・・・って感じ。吸気部分はコンプレッサーと言ったところでしょうか。

本体上部が熱交換の部分ですかね。そういう作りなんですねぇ。

 
 
今回の検証は、見ての通り広めな場所での実験でしたが、我が家での本格運用はこの本体をすっぽりと覆う形になります。どうりで温度がHOTと上限振り切るわけです。本体側に漏れた排熱が処理できていないわけですから。そして、それを冷却して排熱・・・ジリジリと温度が高くなっているのも道理です。排熱し切れていないのですから。

今回の検証前、実家から帰ったら本体背面の下から上にファンによる強制循環を行おうと考えたのですが、それだと不十分だということがわかりました。今回の分解はなかなか収穫が大きかったです。
ちなみに温度センサーは上部右側にくっついている変なパーツ。ここですね。排気ファンの上についている。といった方が良いかもです。なので、排熱漏れを素早く察知しているものと思われます。

 
 
さて、ではどのようにすれば良さそうか。それは、本体内部の空気も含めて循環(=排熱)させてしまえば良さそうです。言い換えると、じゃんじゃん新鮮な空気を入れまくる。ということ。
ということは、吸気ダクトに吸気用にファンを追加してあげれば良さそうです。そうすれば本体内部に空気が強制的に押し込まれ、本体下部とかから排熱が行われるという強制循環が発生します。冷房能力がどの程度落ちるか不明ですが、熱がこもるよりは良いでしょう。きっと。
箱に入れられて(上下には十分な隙間あり)運用するには、これしかなさそうです。吸気は我がベッドであるロフトベッド下段。排気は窓の外。これでベッドルーム(ロフトベッド下段)は涼しくなると思われ。
本当は吸気も室外から。と思ったのですが、いかんせん30度超(35度とか)の空気よりも室内の方が涼しいはずで、冷やしたい場所の空気を吸わせるのが一番だと思うのです。スポットエアコンの特性上、吸気をどこにするかはケースバイケースでOKですよね、きっと。

ということで、現在は室内がクーラー効いているので稼働していませんが、部屋のエアコンを使わなくなってから試してみることにします。

ちなみに、アマゾンにて”サンワサプライ パソコン連動タップ(IC記憶式) 3P・4個口 2m TAP-RE34M-2”を3200円くらいで購入。ちょいとお高い4口のテーブルタップですが、これは1個目のコンセントからの電流感知型でのこりの3個に通電をしてくれるお利口さんタップです。そう、スポットエアコンの電源を入れると連動してACがONになるという仕組みです。
これを、おなじく以前購入しておいた”120mm ダクト用換気扇 ブースターファン静音インラインダクト120mm通気用送風機、ダクト、通気口、育成用テントでの空調用排気”(2200円くらい)につなぎ、このファンを吸気ダクトにくっつけておくと、自動的にファンが動く。ということになるわけです。うん、素晴らしい。

ACタップはパソコン用ですが15AまでOKなので、使用に問題はありません。設定はスポットエアコンの初期起動時ではなく、数分して落ち着いている状態の電流を記憶させましょう(そこまで待ってスイッチ操作するだけなので簡単)。

これで私のベッドルーム(カプセルタイプ(笑) ロフトベッド下部)は涼しくなる・・・といいなぁ。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?