ダイニングテーブルのカスタマイズ

実は第2弾なんですが。

第1弾は、机下に台を設置しました。行ってみれば2重構造でティッシュやら雑誌などを置けるようにしました。私は100円均一でA4ファイルサイズのかごを買って、薬やらを入れています。

 

で、今回の第2弾。それは「コンセントをつける」です。

子供たちが3DSだのタブレットだのを使用する際、長時間なので(おい)バッテリーが。ということでACアダプタを使うのですが、まぁ普通にテーブルには無いよ。って話です。

今回のは電気工事士免許は不要。一般の方でもOKってやつです。

具体的にはこうなりました。

コンセント追加

下にも口があるので4個口です。これが反対側にも。そしてテーブルの反対側(写真で言うと右側(いすのさらに右。切れてますが))の柱にもつけたので4カ所です。

ホームセンターでタップを4個。ACケーブルを今回は4m位。ケーブルを隠すためのモール1.8m×2本。あとはタップを留めるねじ(φ3.5mm×12mmを8本)。最後にプラグ(コンセントに指す側)です。タップ以外はすでに所有していたので出費はタップ4個の2000円でございました。

作業はシンプルです。ケーブルを隠すためというかたるませないためにモールをテーブル天板(我が家のテーブルは160cm×90cmの天板サイズですが、足の間は130cm×50cm。これ)に合わせてコの字でモールを貼り付けます。で、そのモールに入るようにケーブルを調整し、タップを取り付け。

と文字にすると簡単なんですが、実は2時間かかってます。ケーブル隠しは時間と手間がかかるんですよねぇ。
で、コの字の左下から出てくるケーブルにプラグを接続して準備完了です。あとは壁とかのコンセントに繋ぐだけ。長さが足りなければテーブルタップを使って接続すれば、4名の各席の足下にコンセントが各4つ。こりゃ便利。というお話です。
電線を打ち付けたり管に入れたりするわけでは無いので電気工事士免許は不要。コンセントとかは一般の方が作業してもOKですので、何の問題もございません。
この電線というか壁コンセントまでの電気使用量が15Aまでであれば、ホットプレートだろうと電気ケルトだろうが使用OKですので、タブレットだゲーム機だの充電は楽勝でございますよ。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?