電話機購入(増設)

SHARPさんのJD-BC1CL-Tを購入しました。

子機

もう新品は売ってない様子。中古です。子機のバッテリーは死亡状態だったので別途購入しました。7200円くらいしたかなぁ。ちょっと高めです。

カラーはダークブラウン。型番的にはチャコールの”T”な気がしますが。まぁ色はどうでもいいです。
土台の親機。気温か時計か表示無しが選べます。そして、その上。電話機の形をした「1」と「2」コレです。これが目的。

この電話機は家電です。普通に電話線を接続して使うのですが、Bluetooth搭載でスマートフォンを2個まで登録できます。そう、3回線の待ち受けが出来ます。もちろん発信もOK。私の目的は待ち受けです。
もちろん同時にかかってきたらどれか1つで、それは家電が優先されるとのこと。そしてスマホ1が利用中はスマホ2は着信はしない様子。(スマホ1からスマホ2へ発信しても、スマホ2としての着信はこの電話機では行われない。逆も同じ(数字は優先順位ではないらしい。ただの番号))

私の目的は、「家のどこかに置いた電話に着信があってもわかるように」なので、多分大丈夫。そもそもほとんど着信しないので同時なんて。って感じです。鞄に入れっぱなしだったり枕元で充電しっぱなしだったりすると着信してもわからないので。

こういう便利な電話機、なんでメジャーにならないんでしょうねぇ。スマホ本体なんか持って電話したくない私からの意見です。なんでみんな本体持って電話したがるんだろう・・・重い&加熱でいいこと無しなのになぁ。

コンセント増設

【本記事の工事は電気工事士の免許が必要です】

みきんちょがヘアドライヤーを洗面所で使うと、照明が点滅するときがあります。
聞くと、ドライヤーのプラグ部分の便利グッズであるプラグ抜き治具が照明スイッチに干渉する様子。なのでコンセントをずらすことにしました。が、ちょっと考えて手間はほぼ同じなので増設することにしました。

今回購入したグッズはこちら。
道具
“コンセント増設” の続きを読む

室内換気が泣き出した 換気扇交換編

2021年2月4日(木)。佐川急便ででっかい荷物が到着。換気扇本体です。結構速く到着してくれました。助かります。
すでにピー音発生から1週間以上で、子供達が「うるさすぎ」と文句たらたら・・・。そんなこと言ったってしょうが無いじゃん。

さて。
箱を開けて説明書を取り出します。ふむふむ。取り付けは天井から吊して4方向からのパイプを差し込んでアルミテープで貼り付けて固定。あとは制御線(電源ライン)をつないで終わり。

ものは簡単です。配線は・・・風呂場点検口のそばにまで既存の電線束(4本)が来ていて、赤と白だけつながってました。
型番が同じ(第7世代になっているけど、そこは変わらないと思う)なので同じ色でいけるでしょう。きっと。据え付け説明書も赤は共通(アース扱い)で、白で強回転。緑で低回転(24時間運転用)で黒が制御線らしいです。単純に回転させるには赤と白で良さそうです。ってことは問題なしっぽいですね。100Vの50/60Hzなので普通に交流が入ってくるだけなのでしょう。

ちなみに既存のV-18ZTMは50Hzで27W。今度のV-18ZTM6は30W。あれ、新しいのに消費電力アップしてるや・・・まぁ力率などもあるだろうから誤差かなぁ・・・気にするほどの数値ではないかもですね。(我が家はほかの電気使用量が多すぎるので(笑))

で、どうやって取り外すかです。
“室内換気が泣き出した 換気扇交換編” の続きを読む

室内換気が泣き出した 天井穴開け編

2021年1月28日。
点検口を取り付けようと、点検口本体の据え付け説明書のサイズにて天井に枠を鉛筆書きします。センサー使って梁などを確認しながら、かつ本体がしっかりと含まれるように。
マンションでありがちなのは、梁かと思ったらコンクリだった。でしょうか。躯体も兼ねている場合が多いですし、そもそもカットできないし(笑)
デジカメやビデオカメラの映像では、奥にコンクリ。そのほかは垂木だけという感じで確認取れました。奥のコンクリから手元まで。それと本体の手前から手元まで。この長さをメジャーで測り、そこから本体置くまでの寸法を仕様表からもとめてコンクリとの差を計算すると、約10cm程度のようです。狭っ。しかも間に垂木も入っているようです。
センサでしっかりと位置判定を行って枠書き。点検口フレームを合わせるとぴったり(当たり前)。これを切り落とします。

マンションの構造は、ベニアに石膏ボードが防音と断熱などで2枚重ね。そこに壁紙。というのが今までのの配線通しで得られた我が家のマンション。それを考慮すると、まずは石膏ボードを落としてからベニヤのカットが良さそうです。ですので大きめのカッターで金物定規を使って切れ目を入れます。石膏ボードは厚さが10mm。それが2枚なので20mm計算。これを貫通させないと石膏ボードが剥がせません。なので何回か切り込みを入れたらずっぷりと差し込んでベニヤまで・・・って、ズボッと歯が根元まで入ってしまいました。あれー?
“室内換気が泣き出した 天井穴開け編” の続きを読む

室内換気が泣き出した その3

換気扇本体の位置を特定して養成テープで印を付けてからは、換気扇は元気に動いています。何かを察したのか?(笑)
「あー、あと20年くらい持たないかなー」とあり得ない希望を抱きつつ放置。

そして時はやってきました。2021年1月27日(水)18時頃です。ピーーーーーーーーーーー とフェードイン!!
来てしまいました。忘れた頃にやってくる。最近、ホファンホファン見たいな音するなぁなんて思っていたのですが、前触れだったのね。
今回はさすがにどうなんだろう?前回よりも音が大きいのです。ドラマであるピー音で頭抱えるシーン。あんな感じの大音量。これは近隣から苦情が出そうなレベル。よし、換気扇OFF。
とりあえずは本体を叩けば音止まるかな? それが最初の考え。この考えは翌日に否定されることになるのですが、思いつきというのは怖いですね。穴開けしたくて仕方なくなります。でもまぁ・・・ということで、前回確認した電灯部分を取り外して棒を持った手をつっこみ本体を小突く! はい、音止まりましたー。が、数分から30分程度でフェードイン!してきやがります。効果は一時的だっ!!
“室内換気が泣き出した その3” の続きを読む

室内換気が泣き出した その2

ピー音から半年後。落ち着いています。
でも寿命と考えられるので、次回鳴り始めたら動かなくなったりするかもしれません。そうなると生活に支障が出てくるので、今のうちに対策を取っておきたいところです。

そんなわけで、まずは天井に点検口を付けようと思いました。穴開けです。が、素人がいきなり作業してもろくなことはありません。そこは経験者に聞いてみることにします。私の場合は親が経験者(家を建てていた)ので、そういうところは簡単です。
で聞いてみると「結構面倒だぞ」から始まるお言葉。

え。だってそれっぽく四角に穴開ければいいんでしょ?と思っていたのですが、それは家を作っているときのお話。出来てしまっている場合は天井に何があるか(主に電線や配水管系)わからないので、ちょっとずつ穴を大きくしていって、最終的に点検口サイズにするんだそうです。そうすると天井の壁紙がなくなるので、似たようなのを貼り付けるんだとか。
なるほど、たまにそういった家を見るのは、点検口が後付けだったからなんですねぇ。

そして、点検口のサイズは基本的には45cm四方のだそうです。

なるほど。普通にカラダをまっすぐ突っ込むのはそのサイズでOKですね(実家でテレビのアンテナ線増設するタイミングでこの話をしたので、親の家の屋根裏確認も出来ました)。

そして我が家の確認です。
“室内換気が泣き出した その2” の続きを読む

室内換気が泣き出した その1

--- 記事投稿日基準で約2年前 ---

2018年秋。それは突然でした。

ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

という高音が結構な音量(普通にリビングでテレビの音が聞こえにくくなるくらい)で鳴り始めました。
何? どこ?
“室内換気が泣き出した その1” の続きを読む

2021 謹賀新年

昨年の年末は、ゆきんちょの運転免許取得(原付)で丸一日、二俣川の試験場に入り浸り(しかも私はやること無し。8時前に到着して17時前まで)。
29日はバイク用品屋さんでメット購入。
30日は大掃除。
31日はゲーム三昧。

という大忙しな生活でございました。
年が明けるときは3時頃までテレビ見てて(笑)年明けから寝不足という体たらくでございます。

ま、そんなもんです。
今は箱根駅伝見てます。

今年もよろしくお願いします。

電車でGO! PLAG&PLAY キターーーー!!!

来ましたー。ので開封。
箱
山手線だ・・・
うーん、PS4の山手線。どうしようかなー・・・

まぁいいや。HDMIとUSB電源(TypeB Micro 1A)をつないで早速プレイ。
うん。Windows版のFinalと同じやーん。グラフィックは大画面でもキレイだけどさー。たまにかく付くけど。
でもキー操作がないだけいいかな。どーかな?

まぁせっかくなのでPCのUSBタイプと比較してみました。
“電車でGO! PLAG&PLAY キターーーー!!!” の続きを読む