「日常」エンディング

売ってましたー。速攻ゲット。
「日常」CD

合唱曲はフルコーラスではなく、放送されたまんまなんだそうです(まだ聞いてない)。
仕方ないような、残念なような。

でも、音源が手に入ったので良し!! と思います。

濾過装置からの異音

ガリガリガリガリ・・・・!!

夜中の2時頃から鳴り始めたそうです(みきんちょは4時まで起きていたので知っている)。
私は朝気がつきましたけど。熱帯魚の水槽のお話です。

これは・・・
大抵はフィルターが詰まったときに、水中ポンプが水を吐き出せなくて悲鳴を上げている音。そういえば掃除したのはいつだったかな・・・(おい)
“濾過装置からの異音” の続きを読む

レンジフードが泣き出した 解消編

3月10日お昼。ブツが届きました。でけぇ・・・
箱

まぁ平日なんで、何も出来ないんですけどね。
12日(金)。午後にお休みもらいました。土曜は用事があるので。
11日夜に箱を開けて中身を確認。うん、どうやらモーターだけ交換できそうですね。後継機種だしサイズは同じだからたぶん「ポン載せ」(まるっと何もせずに交換)出来ると思うんです。運が良ければ外枠に一部(壁の鉄板はコーキングされていて、しかもネジ打ちされているので面倒なので交換したくない)も置き換えられるかな?
“レンジフードが泣き出した 解消編” の続きを読む

レンジフードが泣き出した 発生編

似たようなタイトルで投稿した記憶が新しいですが・・・

2月中旬。台所のコンロ上にある換気扇。我が家は深型と呼ばれるタイプのレンジフード(90cm)ですが、そこから悲鳴が。そう、室内換気と同じあの高音。「ピーーーーーーーーーー!!!!」

グハッ!!
おまえもか・・・
“レンジフードが泣き出した 発生編” の続きを読む

プロジェクタ用のスピーカー

モバイルプロジェクターを持っているので、それを活用しよう。
ということで、とりあえずスクリーン買って壁掛けまで出来るようになりました。ハンドメイドですけど。
利用イメージ

映るんですが、音は?
答えは簡単。プロジェクター本体から出ます。
うん、あまり良い感じではないです。モノラルですし。
ではどうしよう?
出来ればスクリーンから聞こえてくるといいよねー。

ってなわけでUSBのアクティブスピーカー(=アンプ付き)を購入したのは2020年11月のことです。(驚きの980円)
スピーカー
“プロジェクタ用のスピーカー” の続きを読む

電話機購入(増設)

SHARPさんのJD-BC1CL-Tを購入しました。

子機

もう新品は売ってない様子。中古です。子機のバッテリーは死亡状態だったので別途購入しました。7200円くらいしたかなぁ。ちょっと高めです。

カラーはダークブラウン。型番的にはチャコールの”T”な気がしますが。まぁ色はどうでもいいです。
土台の親機。気温か時計か表示無しが選べます。そして、その上。電話機の形をした「1」と「2」コレです。これが目的。

この電話機は家電です。普通に電話線を接続して使うのですが、Bluetooth搭載でスマートフォンを2個まで登録できます。そう、3回線の待ち受けが出来ます。もちろん発信もOK。私の目的は待ち受けです。
もちろん同時にかかってきたらどれか1つで、それは家電が優先されるとのこと。そしてスマホ1が利用中はスマホ2は着信はしない様子。(スマホ1からスマホ2へ発信しても、スマホ2としての着信はこの電話機では行われない。逆も同じ(数字は優先順位ではないらしい。ただの番号))

私の目的は、「家のどこかに置いた電話に着信があってもわかるように」なので、多分大丈夫。そもそもほとんど着信しないので同時なんて。って感じです。鞄に入れっぱなしだったり枕元で充電しっぱなしだったりすると着信してもわからないので。

こういう便利な電話機、なんでメジャーにならないんでしょうねぇ。スマホ本体なんか持って電話したくない私からの意見です。なんでみんな本体持って電話したがるんだろう・・・重い&加熱でいいこと無しなのになぁ。

コンセント増設

【本記事の工事は電気工事士の免許が必要です】

みきんちょがヘアドライヤーを洗面所で使うと、照明が点滅するときがあります。
聞くと、ドライヤーのプラグ部分の便利グッズであるプラグ抜き治具が照明スイッチに干渉する様子。なのでコンセントをずらすことにしました。が、ちょっと考えて手間はほぼ同じなので増設することにしました。

今回購入したグッズはこちら。
道具
“コンセント増設” の続きを読む

室内換気が泣き出した 換気扇交換編

2021年2月4日(木)。佐川急便ででっかい荷物が到着。換気扇本体です。結構速く到着してくれました。助かります。
すでにピー音発生から1週間以上で、子供達が「うるさすぎ」と文句たらたら・・・。そんなこと言ったってしょうが無いじゃん。

さて。
箱を開けて説明書を取り出します。ふむふむ。取り付けは天井から吊して4方向からのパイプを差し込んでアルミテープで貼り付けて固定。あとは制御線(電源ライン)をつないで終わり。

ものは簡単です。配線は・・・風呂場点検口のそばにまで既存の電線束(4本)が来ていて、赤と白だけつながってました。
型番が同じ(第7世代になっているけど、そこは変わらないと思う)なので同じ色でいけるでしょう。きっと。据え付け説明書も赤は共通(アース扱い)で、白で強回転。緑で低回転(24時間運転用)で黒が制御線らしいです。単純に回転させるには赤と白で良さそうです。ってことは問題なしっぽいですね。100Vの50/60Hzなので普通に交流が入ってくるだけなのでしょう。

ちなみに既存のV-18ZTMは50Hzで27W。今度のV-18ZTM6は30W。あれ、新しいのに消費電力アップしてるや・・・まぁ力率などもあるだろうから誤差かなぁ・・・気にするほどの数値ではないかもですね。(我が家はほかの電気使用量が多すぎるので(笑))

で、どうやって取り外すかです。
“室内換気が泣き出した 換気扇交換編” の続きを読む