torneはtorne mobileにしました

nasne買ったらtorne使わんと映像見られませんですから。

nasneはHDDレコーダー。torneは視聴ソフト&nasne設定ソフト(録画指定も含みます)
まぁnasneはハードでtorneはソフト。nasuneはスマホでtorneはアプリ。みたいな関係?

でもって、ちょいと調べると大きく2つあるようです(3つあるらしいが今回は割愛)
(1)torne mobile
(2)nasne access
両方ともソニー製・・・摩訶不思議ー。
なんですが、(2)は純正ソニー。(1)は子会社でnasne作った会社だったかな?
なお、PlayStation3・4、Vitaなどのソフトは(1)になるようです。
(2)はスマホ(Android)のソフト。

(1)は、PSシリーズ・スマホ(Android、iOS)に対応。視聴・録画&nasne環境設定
(2)は、スマホ(Android)に対応で、nasneのファイルサーバ(NAS)としても使えます。

視聴・予約などに関しては(1)のほうが圧倒的に操作しやすいそうですが、「テレビを見る・録る」に特化しているソフトなのでファイルサーバ的には使用不可とのこと。
まぁ私の場合はNAS自体はすでに使っているのであえてnasneをファイルサーバとして使うことは緊急時しかないかなーと言うのもあって(1)を選択です。

ちなみに、どちらを選んでもテレビ・録画視聴には買い切りの500円(Android)が必要です。
アプリ自体は無料なのに、肝心な機能で金取るな。(ハード代に入れておけ)
まぁAndroidなら複数台も同一アカウント使えばOK(使い回しできます)。まぁいいか。

うむ。あとは通信量ですかねぇ。なんでも1時間で450MB程度らしいということですけれども。
実際の数値は春の高校野球で視聴するのでそのときにでも。
一番経済的なのはガラポンTVかもしれませんねー。
#いや、ワンセグだろう。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です