WordPressを始めるまで その4

apacheをインストールしましょう。
の前に、セキュリティの解除をする必要があります。OSにはFireWall(ファイヤー・ウォール:防火壁)があります。ここにWebの通信を許可させておく必要があります。
前回のssh接続は最初から解除(許可)されていたので通信ができたわけです。
以下のコマンドを順に実行していきます。

# firewall-cmd –list-all-zones
(略)
public (active)
target: default
services: ssh dhcpv6-client
(略)

# firewall-cmd –add-service=http –zone=public –permanent
success
# firewall-cmd –add-service=https –zone=public –permanent
success
# firewall-cmd –reload
success
# firewall-cmd –list-services –zone=public
ssh dhcpv6-client http https

sshやhttpなどの表示順は気にしなくてOKです。あればいいです。
ブラウザでURLを入力する際、「http://・・・」とか入力しますね。あれを許可したのです。

続いてapacheのインストールです。これを入れないとWebの提供ができませんので。

# yum -y install httpd
 (詳細はカット)
# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

 #ServerAdmin root@localhost
 ServerAdmin hoge@localhost 自分のアカウント名を設定

 #ServerName www.example.com:80
 ServerName ysugi.iobb.net:80 サイト名を”ysugi.iobb.net”に設定した例

# systemctl start httpd.service
# systemctl list-units | grep httpd
httpd.service loaded active running The Apache HTTP Server
# systemctl enable httpd.service
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/httpd.service to /usr/lib/systemd/system/httpd.service.
# systemctl list-unit-files | grep httpd
httpd.service enabled
#

はい、これで終了です。あっけないものです。途中のサイト名の後ろの80はhttpのことを意味します。
今後はhttpsになっていくのでしょうがとりあえず。

LAN内のパソコンなどからブラウザでhttp://192.168.0.200/へアクセスしてみてください。テストページが表示さればOK。されなければ何かおかしいです。スマホなどでも自宅WiFiに接続しているのであればアクセス可能です(モバイルルータはダメ)。
なお、LTEなどの外部通信からのアクセスはルータの設定次第ですが、この段階ではまだつながらないと思います(し、そもそもIPアドレスが違うので無理)。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です