WordPressを公開するには

本サイトのように外部(自宅以外。自分のスマホでLTEでの接続なども含みます)からのアクセスをさせる場合、多少の作業が必要になります。本サイトの記事の前提として自宅Webサーバ運用でブロードバンド接続であることを条件としていますが、自宅の内外ではルータで世界が切り離されています。いわゆるLAN側が自宅内。ルータの外側(自宅外)をWANといいます。インターネットの世界ですね。
で、自宅のルータのWANの部分にはインターネット用のIPが割り振られています。いわゆる”グローバルIP”というやつですこれは通常はプロバイダから自動で割り振られるものであり、自分でどうこうできるものではありません。また、一定時間ごとに変更されることになっています。ですので、今までのように192.168.0.200といった直接のIPアドレスを設定することはできません。(それを可能にするのが固定IPサービスと呼ばれるものですが、ここでは割愛します)

ではどうするのか。いくつか方法はあります。
・プロバイダに固定IPサービスを申し込む(高額です)
・DDNS(ダイナミック・DNS)サービスを利用する(たしか無料)
・IOデータのルータを使い、IOデータのDDNSサービスを利用する(無料) 他社もあるのかな?
推奨はDDNSサービスですが、本サイトではIOデータさんのを利用させていただいています。
通常契約での動的IPサービス(固定IPの対語)では、これらの方法を使うことで”ysugiiobb.net”といったような名前を取得することができます。これが必須となってきます。

続いては自宅にあるルータの設定変更を行います。ポートの開放といった項目で、外部からTCP接続での80番にアクセスがあった場合、192.168.0.200のポート80への接続設定を行う必要があります。詳細はルータの説明書を参照してください。IOデータ製のルータでIOデータさんのDDNSサービスを利用する場合はその設定も必要です。

こうしてFQDN(”ysugiiobb.net”のような名前)を割り当てて貰い、ルータの設定をすることで外部への公開が可能となります。ここまでは各家庭において個別に対応していただく必要があります。
これらの設定が終わった段階で、すぐにWordPressは外部公開されます。

外部公開されるということは、悪意を持った人たちからもアクセスされるということであり、その転移対してのセキュリティ対応は各自で行うことになりますのでご注意ください。
WordPress側の設定としては、本サイトの下記の記事

にある、DOMAIN_CURRENT_SITE設定をFQDNに書き換える必要があります。逆に言えばWordPress側はこれだけです。基本的にはルータ周りの設定(外部からの接続設定)を行うことで可能となります。

以上です。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です