年始の走行

ツーリングまでいかない。といったところですが、チョロッと走っています。
まずは1月2日(日)の午後。それから8日の午前中です。
両日とも、「ゆきんちょの学校へのルート確認」です。

学校はJR大森駅近く(東側)。我が家は登戸駅近辺。ポイントは多摩川のどの辺りを渡るのか。です。

橋は、登戸・溝の口(二子玉川)・武蔵小杉(丸子)・平間(ガス橋)・国道1号(第2京浜)・国道15号(第1京浜)・大師です。(3月頃に川崎殿町(川崎大師付近)に橋が完成するはず)
大森駅であれば大師まで行く必要ないです。そして、環八(環状八号線)と多摩沿線通りは多摩川を挟んである程度併走しています。東京よりも神奈川の方が遙かに走りやすいので、可能な限り神奈川側(川崎側)を走行したい。
これらを前提にルート検討を行っていました。今回は検討したコースを実際に走ってみる形になります。
(ゆきんちょは、まだ東京を走るほど経験を積んでいない。というのが最大の理由です)

いままで考えているルートは、大きく5つ。

ルート1:ガス橋渡って環八手前の下丸子交差点を右折して多摩堤通りで蒲田駅北側通って、すぐ北上(あやめ橋交差点左折)で大森駅へ
ルート2:ガス橋を渡って環八通過でそのまま国道1号も横断。池上通りで大森駅へ
ルート3:ガス橋を渡って環八で蒲田駅南側通って、郵便局前交差点左折で大森駅へ(あやめ橋通過)
ルート4:国道1号で橋を渡って環八通過。東急池上線をくぐってすぐの千鳥一丁目右折で池上通りで大森駅へ
ルート5:第1京浜をひたすら北上。大森北交差点左折で八幡通で大森駅へ

2日は「とりあえず行ってみよう」。
なんとなく「正月だから蒲田駅空いてそうかな」という安直な考えでルート1を行ってみることに。大通り(環八など)を通らないで、かつJR京浜東北線の東側(池上通りは西側)ですし、一番細々した走りになると思われるためです。
ゆきんちょと一緒に出発です。まぁゆっくりと道を確認しながらの走行です。

まずは多摩川沿線道路をひたすら東進してガス橋へ。ガス橋を左折して東京都に入ります。で、下丸子交差点を右折して進行。国道1号へさしかかったときに異変に気がつきました。直進方向は「車両進入禁止」(赤丸に白ハチマキのあの標識)。

あれー?

ってことで、来た道をUターンしてコンビニまで戻ってルート検討。一方通行が一時的に設定してあったようです。
で、グーグルマップさんの拡大表示で確認。うん、確かに一方通行になっている。東急多摩川線の矢口渡駅周辺だけ。ここを回避できれば・・・と見ていくと・・・駅周辺の道はほぼすべて逆方向への一方通行。つまり、国道1号へ向かう方向ばかり。そして、駅から遠ざかる方向ばかり。もちろん数本は逆方向はあります。ですが、そこへたどり着くには相当の大回りが必要。それよりも、よくよく見るとガス橋から第1京浜までの一体は全体が一方通行の嵐となっていることが判明。これは、現地で「あれ?いけないなー」程度で進める迷路ではありませんでした。
実際文章ではこう書きましたが、スマホでチマチマとマップ確認で底まで把握することは出来ず、あっちいってダメ。こっち行ってダメ。を数回繰り返し、結局同じコンビニに戻ってくるを数回繰り返し呈ます。把握したのは帰宅してから地図を確認してから。
数回のリトライで日が暮れ始め・・・諦めて帰宅することにしました。

2日の走行距離はそれでも50kmでした。

 
8日(土)。リベンジです。今度は私一人。お気楽です。
10時前に出発(なんやかやで9時出発予定が遅れまして)。事前に調べて、ルート1は断念。ガス橋渡って即川沿いで国道1号を超えて、そこから矢口渡駅周辺(東側)へ抜けるルートへ変更しました。一方通行の嵐を抜けるには、それしか無いようです(一通り覚えれば自由自在なのでしょうが、別に地元でも無いので)。また、朝と夕方の交通規制に関しても考慮しておく必要があります。前回(2日)では通行方向はOKでしたが時間帯でNGというトラップも数多くあり、混乱に拍車をかけてました。
多少道を間違えつつも(想定の範囲内。いくつかの一方通行回避ルート検討内)無事に多摩堤通りを東進するところまで到着。そこから予定通り蒲田駅北側を目指します。で、行ってみたら・・・

大混雑。大渋滞。

いわゆる昔の町並みというか通りというか狭さというか・・・再開発はできないよね、コレ。って感じです。
踏切は東急線だけなのでまだ・・・朝は大丈夫か?とか、駅チカなので混雑度とか・・・を考えると実用的では無い。そしてあやめ橋交差点までの数百m。これが通過に数十分。実に信号がさ、良い仕事してくれていて・・・。回り道した方が早い。確実です。が、その道すら無い。一番近い回り道は環八か?
逆に蒲田駅を過ぎれば、それなりに快調に大森駅まで一気に進めます(半分以上1車線道路なので停まるは停まる)。結論的には、如何に蒲田駅を避けられるかで順調度が決まる。といった感じです。

で、せっかく大森近辺まで来たので、第1京浜や環七など周辺道路の走行確認も行ってみました。
まずは環七。JRの跨線橋となるため橋幅が狭いです。というか路側帯はほぼ無い状態で、信号辺りが東京都モード(勝手に命名。記事最後にコメント入れておきます)なので大渋滞となっています。そのためすり抜け必須。ゆきんちょにはその技術が無いので無理。

第1京浜。環七との立体交差で第1京浜が上空の橋。環七からだと側道合流という形になります。が、車線そのまま。合流路が2車線でトータル4車線か5車線でしばらく北上する形になっていました。まぁ最後は左折するので一番左の車線を走れば良いのですが、基本駐車車線になっているようです。大通りを嫌うゆきんちょ。どうするよ・・・って感じです。(川崎で第1京浜に乗るのはちょっと遠回りなので余計にオススメしにくい)

学校周辺はご多分に漏れず一方通行の嵐。そしてJRを横切る道・通路は数少ない。あっても踏切が多い(京浜登録と東海道の2路線4線で高速モードなので踏み切りが開きづらい)。どこで通過(くぐるか跨線橋)を決めることでルートが決まってきそうです。大御所は環七・環八なのですが・・・(あと、蒲田駅と川崎駅・・・は大師線が絡んできそう)

一番安パイなのは、ルート4で学校近くまで行って、JRはエンジン切って歩道を押して低いトンネルくぐる。といった方法がよさそうではあります。跨線橋関係だとルート3が良いかと思われます。実質、この2択になると思います。
コレばっかりは実際にゆきんちょが走って、自分でどれが良さそうかを体感してもらうしか無いです。
とりあえず1つでもルートが決まれば、そこから手を広げるかどうかは本人次第です。

8日の走行距離は60kmでした。(迷走がない分、距離は少なめ)

 
 
蛇足ですが、ルート3ですり抜けが出来る様になってくると、

ルート6:登戸で橋を渡って環八でルート3に合流。(環八までのルートは自由。世田谷通りのままでも良し。川沿いを二子玉川まで進むも良し、その先(丸子?)でも良し、途中で環八に入るも良し)
ルート7:高津(溝ノ口)で橋を渡って環八でルート3に合流。(ルート6の改編版)
ルート8:丸子(武蔵小杉)で橋を渡って環八でルート3に合流。(ルート6の改編版)

とかが本命になりそうな気もします。
環七はちょっと道が狭いかな。環八は高井戸辺りから羽田方向は3車線で道幅もそれなりですし。
ただ、環八も交通量は多いので(蒲田辺りは渋滞ししそう)、ルート4の国道1号までのルートとしてのバリエーションとしてのルート6から8という扱いでも良いのかもしれません。(多摩沿線道路は、朝の通勤時間帯は高津と丸子とガス橋周辺は渋滞(特に高津)するので。やっぱり橋が鬼門なんですね) 多摩沿線道路で丸子まで行ってしまったらガス橋や国道1号まで行った方が良いのかもしれません。(多摩沿線道路は国道1号とは直接接続をしてませんが、逆にそれが狙い目でもあります)

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?