鉄板焼き入れ

シーズニングとも言うようです。
鉄製のプライパンや鉄板の最初のイベントです。

鉄製なのでさび止めの油が一様に塗布されているので、それを焼き切って、その後の食用油になじませる一連の儀式。

網しか持っていなかったのでホームセンターで購入したのでやってみます。
今回購入したのは、45cm×31cmサイズ。取っ手を除いて縁の立ち上がっている高さは1cmといったところです。持っているグリルより一回り大きいのが気になる(Mサイズだった)・・・ので、いつ小さいSサイズも購入してみました。コチラは38cm×25cm。ほぼグリルと同じ大きさです。
この2枚のシーズニングを行います。

シーズニングは難しくなく、炭をグリルにまんべんなく火起こしして鉄板を焼きます。しばらくするとさび止め油が煙とともに消えて表面が曇ります。これが全体的に出来たらサラダ油やオリーブオイルを薄く塗ってなじませます。少し自然冷却したら再び熱して油を焼き飛ばします。これを数回(1回でもいいらしい)。油がはじかれなくなったらOKです。
で、汚れ&匂い取りということでくず野菜(にんじんのピーラー後のアレとか)を炒めて、改めて油分って最後の焼き入れ。終わったら自然冷却して洗って油を薄く塗って終了です。新聞にくるむなどして保管です。
シーズニング
中央部がくすんでいます。ここが焼き終わった感じの状態。周辺はテカテカしてます。

なんて言葉で書くと楽なんですが、炭をケチったせいか周りがテッカテカのまま。そして1回だけという体たらく。炭がなくなってしまいました。仕方ないのでガスコンロでじっくりとやりましたが、なかなかね・・・うまくいったかどうかは不明ですが、それっぽくくすんだからいいのかな。
ガス缶はCB缶ですが1本半使いました。なんだかなー。
キッチンのガスコンロだと熱センサーに引っかかって焼けないんですよね。高機能も裏目に出てしまいます。
また、煙も結構出るので、キャンプ場とか火を使って問題ない場所での作業がよろしいようです。

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?