へにゃキャン 第2回

2021年3月28日・29日(日・月)でコテージキャンプやりました。

集合写真

思いついたのは第1回の直後。一人で適当に・・・と思って「3月にちょっとキャンプってくるよ」と言ったら家族全員参加になりました。あれ、あまり興味なかったような感じだったのにな・・・

ということで女3名。条件がうるさい・・・
・テントはいやだ
・(外界との)壁が欲しい

それって、キャンプを半分程度否定してないか? 車中泊がギリギリ。ということでコテージ系統が確定しました。

そして3月と言うことでオフシーズン。さらにコロナ渦ということで県内をベースに検索。まぁ神奈川県は山も多いのであまり困りはしないのですが、出てきた候補からまぁ絞る絞る。難癖付けて「アレがダメ」「コレがダメ」。好きにしなさい・・・

で決まったのが「ウェルキャンプ西丹沢」キャンプ場。春休み&バイトのない日&私が休み という条件クリアで予約可能。あるんですねぇ。(私は29・30日は半強制休暇でした)

で、以前から考えていたいくつかのことを、この際ある程度やってしまおうと思って準備開始です。
やってみたかったこと
(1)炭だけで火起こし
(2)薪だけで火起こし
(3)炭で焼き鳥(じっくりと)
(4)焚き火
(5)ランタンで全体照明
(6)肉まんをホットサンドプレートで焼く

検証していきます。
(6)は買えばいいだけ。(プレートは持ってる)
(5)は泊まりであれば基本クリア。ですが、ランタン持ってないというオチ。
(4)は(2)と同時に実施可能
(1)は成形炭を使って実施してみたい
(3)は炭の火起こし後に「やればいいじゃん」レベル

ということで、さほど難しいと言うこともないものですが、(1)と(2)は着火剤を使わないという制限事項あり。(1)は成形炭、(2)はフェザースティックで対応予定。でも斧もナイフも持ってませんけど。

といった感じで道具をいろいろ揃えて当日です。前日に食材を購入して当日早朝に食材下ごしらえ(肉を串に刺す)。
当日(28日)の天気予報は曇りのち雨。14時頃から本格的に。ちなみにチェックインは13時から。おーい・・・そして翌朝まで台風並に荒れる予報。どうすんだこれ・・・

屋外であれこれ・・・は基本的に無理。かといって室内で炭は論外。でもそこはコテージです。屋根付きのバルコニーあり。難燃シート敷いてBBQは出来そうです(小規模で。大規模だと屋根が焼ける(笑))
#笑い事ではないな・・・

実際はというと15時頃まではなんとか曇り(たまーに雨がぱらつく程度で気にならない)。13時半にチェックインして道具一式をコテージに搬入。

室内全景

なんやかやで14時半過ぎたのでまずはお茶会。とかしていたら雨がパラパラと降ったと思ったらやんでみたり。怪しくなってきました。風は最初から強風注意報出ていて焚き火は危険(やっている猛者もいましたが、そこは安全マージン確実でした。さすがです。我々のようなにわかキャンパーはやめておくのが吉) 16時半頃から雨が本格化して17時過ぎには土砂降りに。

今回のコテージは、多分ですが18畳程度の正方形のコテージ。ロフトが付いていて6畳程度。6名定員でした。女3名はロフト。私は下で寝ることに(イビキがうるさいようなので自分から申し出ています)

結局強風で焚き火は断念。夕食は・・・バルコニーで細々とお肉を焼くことにしました。屋根付きなのと風向きでいい感じにバルコニーは落ち着いています。

で、成形備長炭とやらをとりあえず3個と取り出してグリルに置き、バーナーであぶります。私の仕入れた記憶では成形炭はこれだけで火が付き、少しすると全体に火が回る・・・あれ、全然付かない。1分程度ファイヤー。寒いからかな?(そんなでもないけど)と思いながらしばらく。うん、上面には火が付いた様子。でもこれって広がる気配ないんですけど・・・ほかは木炭と薪しかないですよ?
20分粘ってみたものの、何も変わらず。うーむ・・・
荷物を漁っていると、火消し壷の中に過去の着火剤を発見(笑) 10cm四方を切り取って点火。グリルにおいて、その上に成形備長炭。しばらくは煙モクモクと着火剤が燃えますです。その炎で炭もいい感じに表面に火が付いて。ついでなので木炭も立てかけて、コチラも着火。うーむ・・・予想と違うんだが。結局は木炭の方の火付きが良いというよくワカラン状態に。
今回はグリルを2個用意しいたので炭を分けて改めて木炭投入。徐々に火を大きくしていき燃焼終了まで待ちます。炭はそこから本領発揮ですので。

グリルと火起こし

左のグリルで焼き肉を。右のグリルで焼き鳥を。左端の足は焚き火台(レンタル)ですが使用せずです。
火が落ち着いたところで試し焼き。

焼き鳥

焼き肉よりも焼き鳥の方が高評価でございました。焼くの面倒なんだよねぇ。
というか、そもそも焼き鳥は私がゆっくり食べたかったのに、ほぼ全部取られたあげくに「まだー?」ですよ。トホホー

こうして2時間程度の焼き肉パーティー。マングローブ木炭は途中で継ぎ足しが必要でしたが成形備長炭は最後まで燃え続け。なんか思っていたのと違うぜ・・・
その2時間、室内ではプロジェクターを70インチスクリーンに映し出しての上映会。みきんちょは肉食って画面見て。おまえ、何もしてないぞ。そういう私はバルコニーに出て最後まで焼き鳥焼き・・・うーん。

あ、そうそう。16時半頃から、ゆきんちょとみきんちょは私の指示でビーフシチューを作りました(コテージにあるカセットコンロで)。汁物も欲しいですしね。美味。

そんなこんなで夜が更けて。20時頃から本格的な暴風雨になりましたがすでにバルコニーからも撤収済みなので何の被害もございません。女3名は21時頃にはロフトに上がってトランプでフィーバーしてました。私はダウンして寝ちゃいましたとさ(笑)

で、翌日の29日。すっかりと雨は上がり。(5時頃まで降っていたみたい)
コテージまで集合写真が最初の写真です。
コテージの裏には川が流れていて、超透明。そして結構な音で流れてます。いわゆる清流ってヤツですね。丹沢湖へ続いています。

どうやら我が家の女3名はこういったキャンプなら参加するようです。
雨が降ってしまったというか、風が強かったというか、焚き火系は出来ませんでしたが、まぁそれっぽく出来たんじゃないかと思っています。やりたかったことも焚き火以外が概ね良好。想定通りに出来ましたし。炭はいただけなかったけど。

今回の費用は、コテージで9000円くらいです(6名まで。車1台までの値段)。それに食材費だけ。もちろん道具は全部自前になりますがカセットコンロ(ガス付き)と水道と冷蔵庫とトイレと布団一式がコテージにあるので、カップ麺などであれば手ぶらでOKなキャンプになります。AC電源も普通に使用できます(屋外でも)。
チェックアウトは11時。朝ゆっくりして、ゆっくり片付けできます。

難点と言えば・・・カメムシがたくさんいるな。山だから仕方ないけど。時期的に虫もチョロチョロと出てきていますね、結構でかいのも。でもそれはアウトドアの宿命でしょう。そのうち慣れると思われますし、真夏はたぶんやらないし(軟弱な私)。

比較的低予算でキャンプって出来るのねー。と思った次第。でも、事前の道具準備は高額になりがちですけどねぇ・・・(汗)
一度揃えたら、あとはリーズナブルなんだと思いました。夏までもう少しソロキャンでもやりましょうかねー。と思いました(だれか付いてくるかもしれんけど)。

とはいえ。テント持ってないしタープもない。キャンプ道具のメインを持っていない私。
そして、適当に道具を準備して車に積んだので、それはもう・・・(笑)
まずは移動の際の収納についてなんとかしないといけない。ということがわかりました。また、今回は実験が多かったので仕方ないですが、荷物多過ぎ。そしてグリルの後片付けが出来てない。どうやろうかこれから模索するという事後対応。うーむ、課題は多いよね。

直近の課題は以下の通りです。

課題1:車への積み込みが適当すぎ
課題2:メインバッグがでかすぎ(90cmx45cmx45cm位)で重すぎ
課題3:台車からバッグがはみ出て地面に擦る
課題4:グリルや網の掃除(帰宅後。現地では軽く汚れ落とし程度しか出来なかった)
課題5:グリルなどの汚れ物のビニール持ってくの忘れた&破けた

記事投稿は4/2(金)で丸3日経過ですが、まだ何もしてない・・・(明日4/3にグリル掃除する予定です)

投稿者: ゆうじ

ん、なんだね?